こんなにあったSpotくん(コロちゃん)シリーズの絵本

こんにちは。幼児英語のマミです。
ここ数日の札幌は吹雪く日もあって春はまだ少し先といった感じです。

さて今回は、私の本棚にあるたくさんの絵本からSpotくんの絵本を取り上げてみます。

「コロちゃん」という日本名で人気のSpotくん。

何冊かこのブログでも紹介したことはありますが、気付いてみるとこんなにたくさんありました。

Spotくん(コロちゃん)の絵本

私も大好きで、長~い幼児英語の講師生活の中で、少しずつ買い足しているうちにいつのまにかこんなにたくさんになってしまいました。
しかもまだ買いたいと思っているSpotくんシリーズが何冊かあります(*^^*)

まだ買ってないものを amazon で数えてみたら24~5冊もあって、ほしいなぁと思うものもまだまだありました。
このSpotくん関連の絵本がこんなに増えたのには理由があって、
まずはやっぱり幼児さんたちのウケの良さ。
2歳前後の子でも「あ、ワンワン!」と寄って来る可愛らしさが丸々したSpotくんにあります。
日本語では「コロちゃん」と名前が変えられているのですが、コロンとしているからでしょうか?
コロちゃんも愛嬌がある名前ですよね。

著者 Eric Hillさんは、ご自身の息子さんのために Where’s Spot? を描いたのが最初だそうです。
子を想う親心がこのたくさんの Spotくんシリーズを生み出したんだと思うと、「優しいパパだったんだろうなぁ」と思います。
色使いもカラフルで目を引きます。
Where’s Spot?の中に出てくるピアノの色はピンクです。
「子どもは大人が思う以上に知性や(子どもの)スタイルがある」から、ピアノはピンクにしたと語っています。
(wikipedia参照)
ほとんどの本がめくって楽しめるタイプになっているのも、子どもたちの創造力を豊かに育てようとする Eric Hillさんの心です。
どこだろう?ここかな?違った!こっちかな?
ここにはなにがあるんだろう?
いろいろなワクワクが子どもたちの心を揺さぶります。

また、どの本も、考えるようなストーリーではなく、Spotくんの生活そのものが描かれていて、
子どもたちは、自分の実体験と重ねることで楽しめるのだと思います。

文章の長さや文字の大きさもちょうどよく、トントンと調子よく読み進めることができるし、
文章には書かれていないことを言いながら(お話を付け加えながら)読むこともできます。

といっても、中には文章が長いのもあって「わぁ~英語がいっぱい@@;」という印象を受けるものもあります。
私が持っている中では Night-Night, Spot がそれです。
Night-Night は Good night の幼児語なので、小さい子向けかなと思って買いましたが、
思っていたよりも文章がたくさんで、2~3歳児さんよりも4~5歳児さん向けという感じです。
大人の立場で見ると、こういうあそびのときにこういう表現をするんだなとか、
こういう声かけをしたらいいんだななど、英会話や英語表現のヒントがたくさんあります。
私自身もずいぶん勉強になりました^^
幅広い話題でレッスンでも使いやすいです。

イベント関係では、
イースターの Spot’s First Easter
クリスマスの Spot’s First Christmas
ハロウィンの Spot’s Halloween Party

家族関係の
パパが好き Spot Loves His Daddy
ママが好き Spot Loves His Mommy
じぃじが好き Spot Loves His Grandpa
ばぁばが好き Spot Loves His Grandma
じぃじとばぁばのところに遊びに行く Spot Visits his Grandparents
スポットくんの妹 Spot’s Baby Sister

お出かけ関係
はじめてのおさんぽ Spot’s First Walk
公園に行く Spot Goes to the Park
海に遊びに行く Spot Goes to the Beach
牧場に行く Go to the farm
サーカスに行く Spot Goes to the Circus
お泊りに行く Spot Sleeps Over

あそびや日常生活関係
スポットくんはどこかな? Where’s Spot ?
お誕生日会 Spot’s Birthday Party
雪遊び Spot’s Snowy Day
かくれんぼ Spot’s Hide-and-Seek
だれかな? Who’s There, Spot ?
ケーキをつくる Spot Bakes a Cake
数えられるよ Spot Can Count
おやすみスポットくん Night-Night, Spot
など本当にいろいろな種類があります。

この中からおすすめの一冊はこれ!というのはとてもムズカシイです。
どれも似たような内容なら「これ、おすすめです」と言えるんですけど、
お出かけしたり、ケーキを作ったり、おじいちゃん、おばあちゃん、友だちと過ごしたり・・・
その中でいろいろな経験をするという感じなので、どれもこれもおすすめです。

動物に興味を持ったら Spot Goes to the Farm や Spot Can Count、
5歳くらいになって幼稚園や保育園で「お泊り」を経験するときに Spot Sleeps Over という風に、
お子さんの興味やそのときの生活にあわせて選んで読んであげると喜ぶと思います。

今年の親子英語サークルでも何回か活躍してくれるであろうSpotくん。
私の強い味方です(^^)
サークルに参加されるみなさまはどうぞお楽しみに。

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336