幼児期に覚えてほしい魔法のことば

こんにちは。幼児英語のマミです。
夏らしい青空が広がる札幌です。
幼稚園や小学校、中学校は夏休みですね。

春から親子英語サークルに仲間入りした1歳後半から2歳児ちゃんたちは、3〜4ヶ月経った最近、ずいぶん慣れてきた感じで、表情や態度がだいぶ柔らかくなってきました(^^)

黙って様子を伺っていた子もおしゃべり(日本語です)をするようになってきて、そうなると英語でのご挨拶 Hello! Good bye! も声に出して言えるようになり、真似っこしてほしいコトバをちゃんと繰り返してくれたり…いい感じです(^^)

そんな中、毎回いろいろな場面で何度も使われる “Here you are.” と ”Thank you.” 。
この Thank you を声に出して言える子も少しずつ増えてきました。

「ありがとう」

日本語でも言われて嬉しいコトバです。

子育て中は何度となく「ちゃんと言おうね」とお子さんに言うことかと思います。

言われた方はもちろん、言った側も気持ちのいいコトバです。

「ありがとう」が言えるといい、というのは英語の世界でも同じで、私のお気に入り Barney(バーニー)のCDにも ♪Please and Thank you というタイトルで歌われています。

Favorites 2

Barney’s Favorites 2

一部を抜粋すると

♪Use ’em in the morning, at noon and night ‘Cause it’s a great way to be polite
( ’em = them, ‘Cause = Because)
朝から晩まで使ってね。礼儀正しい人になれるから。

♪ ‘Please and thank you’ They’re the magic words.
この二つのことばは magic words (魔法のことば)だよ。

と、こんなふうに歌っています。

Magic words と表現しているところが個人的に とてもスキです。

この二つのことばを使うことによって世界が変わるみたいな響きだと思いませんか。

Please は日本語で訳すのはムズカシイです。
ほしいものがあるときや、相手にしてほしいことがあるときに please をつける。
うれしいなと感じたときに Thank you という。
そういう感覚で身についたらいいなと思います。

please や thank you をつけたら相手がニコニコしたからこれからもそうしよう!
と自分から気付いてくれたら、それが 感覚で身についた ということなので、無理強いせずに使うタイミングがあったら何度も使いましょう。

それではまた次回(^-^)/

札幌の短い夏、体調を崩さないよう満喫しましょう。
Please take care and enjoy your summer!

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336