親子英語サークルの立ち上げ方


2004年11月にKazukoさんとのこども英語サークル「ワンダーキッズ」がアルクの取材を受け、2005年発売の「子ども英語カタログ2006」に“英語子育てサークルA to Z”と題して掲載されました♪
元気な子どもたちの様子と「サークルを楽しむ7つのポイント」、「サークルを立ち上げよう!」にアドバイスをが載っていますので、お持ちの方は170〜172ページをご覧ください。

そのときの原稿を元に「親子英語サークルの立ち上げ方」をまとめてみました。 あくまでも例としてご参考までに・・・。


 1 どんなサークルにしたいか サークルの形態を考えましょう。

形態その1:自分たちで(交代制で)レッスンプランを考えて進行する。
形態その2:講師を招く
形態その3:ときどき講師を招く (@+A)




 2 詳細を決めましょう。
人数、活動日時、活動場所、会費、規約等、詳細を決めましょう。 

 公共の場所を借りる場合、サークル代表者名、会の目的、活動日等を届け出る場合がほとんどです。
ここで活動しよう♪と思ったら代表を決めましょう。

 また、発起人(活動しよう♪と集まった最初の数人)の中で、代表・会計・場所取り係などの役員を決めておくとその先が何かとスムーズです。



※教室とは違い、自分たちで運営していくことで成り立つのがサークル活動です。役員のみに負担がかかりすぎないよう、会場のセッティング、片付け(掃除)、報告書提出などはお当番制にするなどして、メンバー全員が積極的に協力する意識が必要です。
※講師を招く場合は詳細を決めると同時進行で講師を探しましょう。

パターン1:自分たちの要望や都合に合う講師を探す

パターン2:講師の要望や都合に合わせて詳細を決める。

パターン3:サークル代表(発起人)と講師とで相談する。


           講師の探し方

・すでに親子英語サークルの講師をしている人にコンタクトを取ってみる。
・個人英語(英会話)教室を経営している人に相談してみる。
・知り合いから探す。
・市の登録講師の中から探す。



★私の方でも親子サークル、幼稚園などへの出張レッスンなどお引き受けします。ご相談ください。 詳細は準備中です。




 3-1 メンバーを集めましょう!

・お友達や知り合いに声かけをしてみる。
・ポスターやチラシを作成する。
・公共施設や地域の広報誌などに掲載可能ならお願いする。
・インターネットで募集をかける。


 3-2 体験会を実施しましょう!

講師を招く場合は、その講師に体験会の実施をお願いし、メンバー集めに協力してもらいましょう。
入会希望者からのお友達紹介で活動開始後に増やしていける可能性もあります。入会希望者が少人数でも活動を開始するのかどうか、少人数で開始した場合、講師謝金はどうなるのか、などは体験会実施前に決めておきましょう。