たまごさがしゲーム <幼児編>

今度の日曜日はEaster Sundayです。
日本語で言うと「キリストの復活祭」です。
この絵本によると死後3日後にイエス様がよみがえったと書かれています。
教徒はドレスアップして教会へお祈りに行くことや、家族(親族)が集まってお祝いすること、子どもたちはタマゴさがしをして楽しむことが可愛く説明されている絵本です。
フリップをめくりながら読めるので小さい子でもOKです。
さて今回は 幼児さん向けのEaster(イースター)にちなんだ遊びを紹介します。
~Egg Hunting Game 幼児編~
対象が幼児さんで、何かを探す遊びのポイントは「最初は見えるところに隠す」ことです。
探しても探しても見つからないとすぐ諦めて興味を別のものに移してしまうのが幼児さんです^^;
部屋をぐるりと見渡して「あ、あった!」っていうのがミソです。
2~3回繰り返してからちょっとだけ隠してCan you find some eggs? (見つけられるかな?)
と声かけをしてがんばらせたり、探している様子を見て複雑なところに隠してもちゃんと探せそうだったら難しくしちゃいましょう。
<英語表現>
I’m going to hide these eggs.(たまごを隠すよ)
Cover your eyes and count 1 to 10.(目をかくして10まで数えてね)
  →3歳以下なら10まででもいいと思いますが、3歳を超えたら遊びの中で20まで数える習慣をつけておくとあとでとても楽です。
Go and find the eggs!(たまごをさがそう!)
Can you find some (eggs)? (見つけられるかな?)
幼児さんの場合、Go over there.(あっちへ行っててね)とみんなで端に行っててもらい壁に指でお絵かきをしていてもらうとか Go behind the curtain.(カーテンの向こう側に行っててね)とすると目を閉じるのとは違う楽しさになるのでお勧めです。
数を数えるときは一緒に大きな声で数えてあげましょう(隠しながら数えるのでけっこうハードですが)。
13以降は teen の部分を長めに強調して言うと、後々の30,40等の ty との区別が付きやすくなります。
数を数える代わりに(英語の)歌を歌ってもいいですね。
I found it!(あ、あった!) 見つけた瞬間に言ってあげましょう。
 →見つけた瞬間は幼児さんの立場に立って I で言ってあげたほうが何の抵抗もなく真似してくれます。
「みつけたよ~」と持ってきたときは
YOU found it! と I ではなくて You にしてあげた方がいいですね。
I だったり You だったりいろいろでも声のトーンを変えて声かけをしてあげると、遊びの繰り返しの中で何となくニュアンスで理解するようになると思います。
一通り探し終わって
How many eggs did you find? (いくつ見つけたかな?)
You found two eggs! (二つ見つけたね)
You found a red egg! (赤いのを見つけたのね)
といったような会話をする時には I ではなくて You にしてあげるほうがいいですネ。
※幼児さんの場合は質問の答えは待たずに
Oh, you found ~ !(まぁ ~ を見つけたのね)と褒めちゃいましょう。
「自分で」見つけることができたんですし、本人はそれだけで満足なんですから。
英語で何か聞かれて一生懸命(知っている)英語で応えようとする思いからチンプンカンプンな会話になることもしばしばです。
How many eggs did you find? (いくつ見つけたのかな?)
 →えーっとね、Red! あと blue! あと…黄色!
と、こんな感じに(笑)
でもここで「違うでしょ!色じゃなくって数を聞いたのよ!(`´)」なーんて否定していたら「英語、分かんない!」「もうやらない!」の方向に行っちゃいますから気をつけましょう。
まずは子どもの言ってることを認めてあげて、それをこちら側が求めていることに結びつけてあげるといいです。
Oh, yes! You found red, blue, and yellow!(ホントだ。赤と青と黄色を見つけたね)
So you found three eggs!(3つ見つけたね)
Let’s count together. 1,2,3! (一緒に数えてみよう!)
他の子とのやりとりで「あれ?さっき色を聞かれたんじゃないんだ^^;」と気付くようになりますし、何を聞かれているのか聞こうとする子にもなります。
そういう成長が見えるのもまた嬉しいものです(*^^*)
それではまた次回まで See you(^^)/~
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336