バスタオルでブランコ遊び

公園遊びが楽しい季節になりましたね。
公園の遊具をいくつかご紹介しましょう。
・シーソー:seesaw
・滑り台:slide
・ブランコ:swing
・ジャングルジム:jungle gym
・砂場:sandbox
小さく一人でブランコはまだ無理だわ(^_^;)
雨で公園に行けないわ(>_<)
そんなときお部屋の中でできるバスタオルを使ったブランコ遊びを紹介します。
大人が二人以上いる環境下で英語を使って遊んでみましょう。
ブランコは英語で swing です。
Lie down here. お子さんをバスタオルの中央に寝かせます。
Swing, swing, swing, … あとは適当にユラユラユラ~♪
That’s it! おしま~い。
Roll over! 転がっちゃえ~!という感じで床に降ろします。
「もうおしまい」は他に 
That’s all.
Finish.
Time is over. 
Fun time is over.
No more. など。
この遊び、好きな子は本当に大好きで
「おしまい」って言っても自分でタオルを広げて寝て待っていたり
タオルをたたもうとすると泣いてせがむ子さえいます(笑)
Some other time. (またいつかね)
Maybe next time. (また今度ネ) と、やさしい声かけを(^_-)-☆
ユラユラユラ~♪の時にお気に入りの歌を歌ったりCDをかけたりしてもいいですネ。
有名どころは Hush-a-bye Baby というのがあります。
Hush-a-bye baby, on the tree top;  (→ on が in のパターンもあり)
When the wind blows, the cradle will rock. 
When the bough breaks, the cradle will fall; 
Down will come baby, cradle and all.
マザーグースの歌です。
top と rock、fall と all で韻を踏んでいます。
大人が二人以上いない場合は
バスタオルの代わりにフェイスタオルやハンカチを使い、
お子さんの代わりに人形やぬいぐるみなどを乗せて親子で遊ぶこともできます。
お子さんに「タオルの向こう側を持ってね」という場合
Hold that side, please. でOKです。
Hold here and here. (こことここを持ってね)でもいいし
I will hold this side, and you, hold that side. (ママがこっち持つから、そっち持ってね) 
という感じに this と that を使ってあげてもいいですね。
here, there, this, that, those, these…
こういう類のものは何度も使う中で自然に身につくのが理想です。
理屈や文法としてではなくて感覚で何となく場面に応じてフッと出てくる。
そうなるように遊びの中で使えるときには使ってあげましょう♪
親子英語サークルでも今月は ToddlerificというCDに入っている Fun days with you という曲にあわせ、汗をかきかき踊っています。
一週間、公園遊びをするという曲で、約3分、歌いながら動くので私はヒィヒィです(笑)
今週末に開催の不定期(月1回)サークル「ハッピーカンガルー」では↑の曲で遊んだあと紙皿でシーソーを作る予定です。
前回作った baby dram (でんでん太鼓)も好評でしたが、今回のシーソーもヒットしそうな予感がします(*^^*)
シーソーの写真は次回のブログでご紹介しますね。
前回の工作↓
20110514toy.jpg
それでは
See you(^.^)/~~
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336