絵本の中、幼児たちが興味を持ったのは・・・そこかい?!

こんにちは。幼児英語のマミです。
札幌の幼稚園などは短い夏休みが終わり2学期がスタートしました。

さて今回は、4〜5歳児さんに人気のFive Little Monkeys シリーズの中からこのタイミング(夏休み明け)に読んであげたい一冊を紹介します。
『(夏休みで)何にもすることがな~い』という内容の絵本なので、同じタイミング(夏休み中や前後)に読んであげると、自分の夏休みの過ごし方と絵本の中のおサルさんたちの様子とを重ねて、より絵本の世界に入り込めるかと思います。

Five Little Monkeys with Nothing to Do
Five Little Monkeys with nothing to do

絵本の中身をもう少し紹介します。
「夏休みでやることな~い」という子どもたちだったけど、おばあちゃんが訪ねてくるということで部屋を片付けたりお風呂掃除をしたり大忙し・・・。

お部屋がきれいになったあと、最後にお庭のベリーを摘み、ドロドロの手足でおうちに帰り・・・あらあらあら???というストーリーです。

お話の内容もとても面白いのだけれど、幼児英語サークルの子どもたちが一番興味を示したのがおサルさんたちのベッド。(そこかい?!)

二段ベッドと三段ベッドで5人(5匹)分。
三段ベッドだ~~~(@@)と大騒ぎ(笑)
布団で寝ている子は普通のベッドでも「わぁ!ベッドだ~」という感じなのに、二段ベッドと三段ベッドだなんてウッヒャ~な状態です(笑)

一つの絵本でも大人とは違う目で見て違うツボでウケルんだなぁと改めて実感しました(#^^#)

少子化と言われていますが、お子さんが3人という方もわりといらっしゃるので、三段ベッドを使うのも夢じゃない…のかな?

それではまた次回(^-^)/

※今回は以前(2008/9/22)の記事を編集したものです。

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336