英語で簡単エクササイズ?! Head, Shoulders, Knees and Toes

こんにちは。幼児英語のマミです。
朝晩の風が急に冷たくなった秋の札幌です。

さて今回は、英語圏ではもちろん親しまれ、日本でも英語のあそび歌としてよく耳にする♪Head, Shoulders, Knees and Toes と絵本を紹介します。

歌いながら身体のパーツを楽しく覚えられちゃうし、CDなどの音源がなくても歌えちゃうという簡単さも人気の一つかと思います。

簡単なのでどこでも歌えるし、真剣にやると身体全体を使うので、意外といいエクササイズにもなります^^v

立った状態で足を曲げないでつま先を触ろうとすると・・・けっこうキツイです^^;
床に座って両足を前に出しつま先を触ろうとすると・・・やっぱりキツイです^^;

幼児英語サークルで、
Can you touch your toes? (つま先にさわれる?)
と、みんなでやってみると、ちゃんとさわれる子やさわれない子、足を曲げて「届いた~」と笑っている子などいろいろで盛り上がります。

最近は身体が硬い子が多いと言われています。
遊びを通して楽しく柔軟な身体をつくれたらいいですね。

さて、歌の中で使われているからだのパーツは以下の8個です。
Head (あたま)
Shoulders (かた)
Knees (ひざ)
Toes (つまさき)
Eyes (め)
Ears (みみ)
Mouth (くち)
Nose (はな)

日本語では「あたま かた ひざ ポン」という歌で知られています。
toes (つま先)がなぜポンになるのか不思議ですが(笑)リズミカルに歌うためでしょうか?

英語では Toes (つま先)と Nose (鼻)とで韻を踏んでいるので、この Toes はこの曲の中でとても大事です。

ぜひ英語で覚えて英語で楽しみましょう!

この歌がそのまま絵本になったのがこれです。
Head, Shoulders, Knees and Toes (Nursery Time)

絵本ですが、ストーリーがあるわけではなくて、表紙に描かれているような小さい子が歌に合わせてからだのあちこちを触っている絵でページが進みます。

人形や動物も一緒に踊っていたり、head (あたま)をさわる絵ではバンザイしておへそが見えていたり、mouth (くち)では何か食べていてお口のまわりが茶色く汚れています(笑)

そういうちょっとした笑える部分が見ていて楽しくカワイイ絵本です。

親子英語サークルで読むと「一緒に踊ってみる?」と誘わなくても真似して踊る子もチラホラ^^
小さい子の “真似っこ大好き心” をうまくつかんだ絵本です。

動物のぬいぐるみなどを相手に、このHead and Shoulders を歌いながら触ってあげると、人間とは違うところに耳がついている@@とか、
あれ?ひざはどこ?
足の指の数が違う~など、いろいろな違いを発見したりして、いつもとは一味違う楽しみ方ができるかと思います。

一つの曲もいろいろな方向からたくさん楽しむことで、何度も何度も耳にしたり歌ったりすることになるので、ぬいぐるみバージョンもぜひやってみてくださいね。

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336