Treating Bag (工作)

札幌では雪虫を見かけるようになりました。
雪が舞い始めるのももうじきです。
さて今回は、今年の親子サークルで作った Treating Bag(トゥリーティング バッグ)を紹介します。
1~3歳児ちゃんたちは、黒画用紙を折って作った簡単バージョンです。

20111021-1.jpg
貼ってある ghost(オバケ)は、2回目の活動日に折り紙で折ったものです。
おうちでお顔を描いてきてもらいました。
この写真の子は3歳3ヶ月ちゃん。
自分で描いたんですね(*^^*)
3~5歳児の大きい子たちは紙コップと画用紙を組み合わせたもの。
2011_1015_bag.jpg
下準備として画用紙に切り込みを入れておいてもらって、サークルではジャコランタンの形にして紙コップを中に入れ、目と鼻と口を貼って完成です。
貼る場所で表情もいろいろだし、それぞれ個性的な Treating Bag ができました。
20111021-2.jpg
20111021_3.JPG

☆折るときの英語表現いろいろ
 ・Fold in half.(半分に折って)
 ・Fold it like this.(こんなふうに折って)
 ・Open (it).(開いて)
 ・(You) see the line?(線が見える?)
 ・Fold to the line. (線まで折って)
折り目のことは creaseと言います。
Make a crease. (折り線をつけて) という言い方でもOKです。
両サイド同じように折りたいときは
 ・(Fold) the otherside, too. (反対側も) 
 ・(Fold) both sides. (両サイドとも折って)
※折りながらの説明なので “Fold”は省略してより簡単に^^v
ポケットを開くような折り方は
Open the pocket. 
Turn it over. (ひっくり返して)
「『これくらい』折って」とアバウトに言いたいときは 
(Fold) this much.
余談ですが、この “this much” はいろいろな場面で使えます。
「お相撲さん、こ~んなに大きかった!」
「アリさん、こんなにちっちゃかったね」
「これくらいの長さのひも、ちょうだい」
手や指で大きさや長さを表して ”this much”
お子さんが「ママ、ボク(ワタシ)のこと、どれくらいスキ?」なんて聞いてきたら
This much! と hug(ギュッ)してあげましょう!
聞いてくるときは愛情をそそいでほしいときかもしれません。
思いっきり hugしてあげてくださいね(*^^*)
来週の土曜日(29日)から苗穂地区センターで開催の全3回の親子英語イベントが始まります。
対象は3歳~5歳児さんの親子です。
まだ空きがあるようですのでぜひどうぞ。
詳細はコチラ↓
お申し込みされた方、よろしくお願いしますm(_ _)m
楽しい英語遊びのひとときを過ごしましょう♪
それではまた次回(^^)/~~~
Have a nice day!
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336