2018年、今年のイースターは?

こんにちは。幼児英語のマミです。
まだあちこちに雪が残る札幌ですが、春分の日を過ぎ少しずつ春めいてきました。

さて今回は、日本でも取り上げられることが多くなった Easter (イースター) にちなんだ絵本とあそびの紹介です。

ちなみに、Easter Sunday (イースターサンデー) は、春分のあとの満月のあとの最初の日曜日なので、今年は4月1日です。

Easter 関連で幼児さん向けのカワイイ絵本もたくさんあり、3月中に掲載しようと思いつつ、なんだか毎日があっという間に過ぎ^^; ようやく絵本サイトの「幼児さんがハマル絵本」に2冊追加しました。

かわいい子犬の Biscuit (ビスケット) くんが主人公の Happy Easter, Biscuit! と、
Karen Katz 著のシリーズから Where are Baby’s Easter Eggs? で、どちらも親子/幼児英語サークルで人気が高い絵本です。

内容は Easter Egg Hunt (たまご探し) をする絵本なので、たまごを使ったあそびをと関連つけて読むと「イースターってどんなあそびをするの?」ということがよく分かっておすすめです。

親子/幼児英語サークルでは、かわいいタマゴのおもちゃを使ってあそびました。

これです↓
イースターエッグ
見た目は白くて本物のタマゴみたいでしょう?
パッコンと開けると中は形のパズルになっていて、その形もcircle (まる)、heart (ハート)、square (しかく) などいろいろです。

・隠してたまごさがし
・半分に割って同じ形さがし
・自分のたまごの形と同じ形を持っているお友だちさがし
・自分のたまごと同じ形のものさがし

などいろいろな遊び方ができます。

中でも親子/幼児英語サークルでみんながウヒャウヒャ楽しめたのが「たまごころがし」のあそびです。

お部屋の中で大きな輪になってそーっと転がすと、たまごなのでまっすぐには転がらずに途中で方向転換するんです(笑)
その動きが楽しくって楽しくって、私もハイテンションになってしまうあそびです。

自分のところに転がってくると思いきや、違う方向に転がりお友だちに取られちゃってご機嫌ななめになっちゃう子もいますが^^; 何回かやってそういうもの(方向が変わるもの)だということが分かると笑顔になれます^^

ボールを転がすのとはまた違った楽しさ&おもしろさがあるので、タマゴのおもちゃを持っている方はぜひやってみてください(^^)

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336