アイスがおいしい季節にピッタリの英語絵本

こんにちは。幼児英語のマミです。
初夏のように爽やかな札幌です。

さて今回は、アイスがおいしい季節にピッタリな英語絵本です。
いろいろなことに興味を示して自分で試してみたくなる年齢(4〜5歳児)のお子さんがワクワクしちゃうと思います。

Ice Cream Soup (アイスクリームスープ) というタイトルで、最初から「アイスクリーム!え?スープ@@?」 「なんだ、そりゃ?”」という反応です(*^^*)

この ”なんだ、そりゃ?” は、幼児期に英語絵本をより楽しむためにとても大事だと思います。

絵本の内容は、ある男の子が 「I can make an ice cream cake (アイスのケーキ)をつくれるよ」と冷凍室からアイスを取り出し、アイスのデコレーションケーキを作っていくというストーリーです。

Ice Cream Soup

表紙を見ての通り、アイスクリームでベチャベチャになってもご機嫌な男の子。まるで泥んこ遊びを楽しむような感じです(笑)

冷凍室から出したアイスは、ストロベリー味、チョコレート味、そしてバニラ味。
大きな箱のアイスが冷凍庫にこんなに入っているなんて、それだけでもビックリ(&うらやましい)です(*^^*)

one scoop (一つ)
two scoops (二つ)
three scoops (三つ)

どんどんどんどん増えていきます(^o^)

five more scoops (あと五つ)
six more scoops (あと六つ)

すごい数です!

できあがるころにはキッチンや洋服、顔、髪の毛までもアイスだらけです(笑)

幼児英語サークルで読んだときは、いろいろな反応で、ただただ絵本の世界としてうひゃうひゃ楽しむ子もいれば、現実の状況をリアルに想像してしまい「ママに怒られ(叱られ)そう」と絵本の中の男の子のその後まで心配する子もいました^^;

あるいは「自分もあんなふうにアイスをベチャベチャしてみたいけど、ウチのママは怒るだろうなぁ」なんて想像しているのかもしれません。

十人十色、みんないろいろな想像で反応も表情もさまざまです。

あ~、アイスが食べたくなりました(笑)

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336