The Big Snowball (絵本)

今年の北海道は雪が多くて札幌も毎日半端じゃない寒さです。
雪の降る季節になると読んであげたくなるのがこの絵本。
24枚の絵カードつきで、カード遊びをしながら単語一つ一つに触れられ、文章のところどころがそのカードの絵になっているので、読むときに一緒に読みを楽しめる本です。
いろいろなところで韻を踏んでいる文章なので、工夫すれば年齢を問わず使える優れものです。
「雪の季節」と限定されてしまうのが残念ですが「読めるようになるのは何年後かな?」と目標を立てて冬の定番絵本にしてもいいかと思います。

内容は、男の子が投げたsnowball(雪のボール)がどこまでもどこまでも飛んでいくというもので、そのストーリーもとてもおもしろく、最後の「オチ」がまたいいです。
1~2歳児ちゃんにとってはその「オチ」がちょっと難しいので身をもって体感してもらえるよう、この絵本を読んだ後にする工作がこれ↓です。
icecream.jpg
(どんな「オチ」なのかバレちゃいますネ^^;)
ice cream (アイス)は新聞紙を丸めて白い紙で包んだものです。
 Crumple the newspaper into a ball. (新聞紙をクシャクシャ丸めてボール型にして)
 Wrap up with a white paper (白い紙で包んで)
 Tape it. (テープで止めます) 
ice cream cone (アイスのコーン)は茶色い画用紙に線を描いたものを丸めました。
 Draw some lines. (線を何本か引いて)
 Roll it up and tape it. (クルッと丸めてテープで止めます)
1~2歳児チャンは横になぐりがきをするのは得意ですが縦や斜めはムズカシイです。
紙をちょっと傾けてあげましょう。
何となく線がついているだけでもおいしそうなコーンになります^^
絵本のお話に合わせた工作なのでバニラアイスですが、いろいろな色で作ればアイス屋さんごっこが楽しめますね♪
寒い季節のアイスもまた違ったおいしさで、個人的には大好きです^^
ではまた(^^)/~


ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336