Easter(イースター)のあそびがよく分かる絵本

こんにちは。幼児英語のマミです。
今日の最高気温は10℃くらい、寒暖差がありすぎの札幌です。

さて今回は、 Easter(イースター)のときにするタマゴを使ったあそびがよく分かる絵本 “Easter Egg Hunt”を紹介します。

Easter Egg Hunt (Pop-Up)
Easter Egg Hunt

アマゾンにリンクを貼りますが、買おうとすると4000円以上です^^;
今日(25日)の時点で参考価格が約10万8千円でそれが96%オフで約10万4千円引きで4374円って・・・笑ってしまうような値段設定ですね。

私がアマゾンで買ったときは800円くらいでした。
何冊かあるEaster (イースター)関連の絵本の中でお気に入りトップスリーに入るくらい気に入っています。
幼児英語サークルで毎年読むと、何年か在籍している子たちが「知ってる~!」と飽きては困るので、数年おきに本棚から引っ張り出しては、大事に大事に読んでいる絵本です。

Easter はイエスキリストの復活祭なので、信者は教会へ行ったりするようですが、幼児さんたちが好きなのはやっぱりタマゴを使ったあそびです。

絵本の中では表紙にあるようにタマゴ探し(Easter Egg Hunt)をしたり、タマゴ運び(Egg Race)をする様子が描かれています。

そして、この絵本の楽しさは、どのページもポップアップで、絵が飛び出すんです(*^^*)

Easter Bunny (ウサギさん) がタマゴを隠すページでは、よ~く見ていないとページをぜんぶ開いた瞬間にウサギさんの手に持っているタマゴが草の中に隠れてしまいます。

こんな感じです↓ウサギさんがオレンジのタマゴを持っているのが見えますか?
book_egg_hunt_1

↓ページをぜんぶ開いたらウサギさんの手元が草むらの中に隠れて、オレンジのタマゴが見えなくなっちゃいました^o^

book_egg_hunt_2

めくって楽しむタイプ絵本も人気ですが、こういうふうに飛び出す絵本もまた「わぁ~♪」と歓声があがって盛り上がります。

幼児英語サークルで読むと触りたがって子どもたちが寄って来るのですが、
Don’t touch it! (ダメダメ)
You can’t touch it! (ダメダメ)
見るだけ、見るだけ、と遠ざけて手が届かないようにしちゃいます^^;

もう買えないかも・・・と思うと大事に大事に扱わないと(#^^#)

今年の Easter Sunday (復活祭) は4月21日です。
Easter (イースター) ってなに?はコチラで簡単に説明しています。
よければお読みください。

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336