Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)の工作

春になると絵本の棚から顔を出すのが Eric Carle著の The Very Hungry Caterpillar です。
「はらぺこあおむし」というタイトルで日本語版も出ています。
著者のエリックカールさんは、この絵本が世界中で親しまれるその理由の一つに絵本の中にある「hope(希望)」をあげています。
ちっぽけな青虫が成長してきれいな蝶になる。
誰だって最初はちっぽけだけど、成長していつかは羽ばたける!
絵本の中で文章で書かれているわけではないけれど、そういう「希望」を感じ取れる、そんな本なんですね。
この絵本には穴が空いているのが特徴なのですが、これは「遊び」から始まったんだそうです。
穴あけパンチで遊んでいるうちに絵本に穴を開けよう!と思いついたんだそうです。
お子さんが穴あけパンチで遊んでいても危ないからと取り上げたりせず、見守ってあげたくなるようなエピソードですね。
どんな遊びにもいろいろな発見や発明のもととなるヒントが潜んでいる可能性があります。
遊んでばっかりいないで!なんて言わずに遊びの中から何か見つけ出すことを期待して、広い心で温かく見守ってあげましょう^^

こんな青虫クンを作ってみました↓
caterpillar_s.jpg
顔を貼るだけでそれっぽくカワイイでしょう(*^^*)
触角(antenna)をつけるとさらにそれっぽくなります。
caterpillar_3.jpg
ひとまわり大きいサイズで、ストロー(または割り箸)をつけるとニョロニョロ動かせるので楽しい遊びにつなげられます。
色と食べ物を組み合わせて
 I want to eat something red. (何か赤いものを食べたいな~)
 Oh, a red apple! (あ、赤いリンゴだ)
 Yum, yum, yum. (ムシャムシャムシャ)
 I’m still hungry. (まだお腹がすいている)
 I want to eat something yellow. (何か黄色いものを食べたいな~)
 A yellow banana! (黄色いバナナだ!)
あるいは絵本みたいに曜日と数を組み合わせて
 What day is it today? (今日は何曜日?)
 It’s Wednesday. (水曜日)
 Then, I’m going to eat three plums. (じゃ、プラムを三つ食べよう)
 Give me three plums. (プラムを三つ、ちょうだい)
単純に
I’m hungry! (お腹すいたぁ) と言って
何か持ってきてくれたらそれを食べるという遊び方もOKです。
食べ物はカードでも広告を切ったものでもおもちゃでも何でもOKでしょう。
それではまた次回。
See you next time(^^)/~
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336