秋にピッタリ!栗の実(Chestnut)で数あそび

こんにちは。幼児英語のマミです。
空に浮かぶ雲は秋っぽいのに、気温が30度以上という真夏のような札幌です。

さて今回は、秋の味覚といえば “栗(chestnut)”!ということで、栗の実を使った英語の数あそびを紹介します。

秋の定番曲♪Under the Spreading Chestnut Tree (大きな栗の木の下で) は、メロディが日本語の歌と同じなので、小さい子たちでもパッと踊れるし、この季節には毎年歌いたくなる私自身もお気に入りの一曲です(^^)

幼児英語サークルでは、歌って踊るだけではなくて、おもちゃの栗を運ぶあそびをしたり、折り紙で栗を作ってみたりいろいろ楽しむようにしています。
以前ブログで紹介しているので、よかったらお読みください。

栗を運ぶあそびの記事はコチラ↓
栗で遊ぼう! chestnut relay

今年も違ったあそびをしようと思ってボードに貼れる栗をたくさん作ってみました。
幼児英語サークルのあそび用に作った栗の実

ホワイトボードに貼ったらこんな感じ↓
栗の木

実が1個のものや
栗の実一個

2個のもの

栗の実2個

無いのもあります(^^)

栗の実なし

幼児英語サークルでは、このたくさんの栗を使って 「栗の実、いくつ取った?」のあそびをしてみました。
ルールも簡単、あそびも単純ですが、単純なあそびほど楽しいっていうことはよくあって、今回もなんだか盛り上がりました。

紹介します!というほどのものではないのですが^^;思った以上に白熱したので紹介します(^^)v

あそびかた
子どもたちを二チームに分けます。
※大人数なら三チーム、四チームにしましょう。

それぞれの栗の横に数字を書いて、子どもたちには別に用意した数字カードを引いてもらいます。

引いた数字と同じ数字の栗を見て、その栗の実が1個なら1ポイント、2個なら2ポイント、無いのはハズレでポイントがつきません(^.^)

最後に栗の実の合計を数えて、多かったチームが勝ちです。

こういうポイントあそびをするときは、ハズレを引いた子が悔し泣きをしないように『チーム対戦』にして、みんなが負けた!みんなで勝った!という結果にするとみんなが楽しいです(^^)

まぁそれでも悔しがる子はいるかも知れませんが、みんなで負けたとなると機嫌を直すのも早いかと思います(^^)

本物の栗ならイガを剥くときの痛さもまた楽しいし、あそんだあとに食べるワクワクも加わるので、栗拾いに行く機会があったら行きましょう!
そしてぜひ栗の実の数遊びもしてみてくださいネ(#^^#)

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336