食欲の秋にこんな工作はいかが?

こんにちは。幼児英語のマミです。
秋らしい晴天が続く気持ちのいい札幌です。

さて今回は、幼児さんにも簡単に作れる紙コップのパックン動物、食欲の秋バージョンでブタさんです。

紙コップ工作(パックン動物)

以前、カエルさんバージョンを作ったことがあって、そのときは黒い紐の結び目をハエに見立ててパクンと食べるあそびをしました。
そのときの記事はコチラ↓
紙コップのパックン動物で英語あそび

今回は食欲の秋ということで、なんでもよく食べそうなイメージのブタさんです)^-^(

幼児英語サークルでは、工作の前に、プラスチックのおもちゃと絵カードを使って口をパクパク動かせるブタさんを使ってあそびました(^.^)

(指人形の腕バージョン?で手を入れて口をパクパクできる人形です。「ハンドパペット」とか「もぐもぐパペット」などと言うようです。)

何でも食べるブタさん

何の前ぶれもなくパッと工作に入るより、遊んでからの方がより楽しく作れるし、作ったおもちゃに愛着もわいて、おうちに帰ってからも進んで英語あそびをしてくれるでしょう(と信じています)。

子どもたちには一人ひとつずつおもちゃの食べ物を持っていてもらい、大きな口を開けたブタさんが、
I’m hungry. (お腹が空いたぁ)
I want to eat apples. (リンゴを食べたいなぁ)
と言ったら、リンゴを持っている子が食べさせに来る・・・というあそびです。

単純なあそびなのですが、幼児さんたちにとっては『いつ自分の持っている食べ物が呼ばれるか』というワクワク感と上手に食べさせてあげられるかなというドキドキを味わえるあそびです。

上手にお口の中に入れてあげないと食べ物を落としてしまったり、自分の手まで食べられちゃうかも(笑)というドキドキがあるんです(^.^)

工作はカエルさんのときと同じ、紙コップの底をお口の中に見立てて、赤く塗り、あとはあらかじめ印刷をしたブタさんを貼るだけです。

幼児さんにも簡単な作業で仕上がるよう印刷したブタさんを準備しましたが、紙コップに直接描いてもOKです(^.^)

同じ工作に見えて、個性が現れたのが口の中。

「ぶどうジュースを飲んだの」と紫に塗った子もいれば、ブロッコリーの絵を描いて「今、食べてるところ(笑)」なんていう子、歯を描いたり、舌を描いたりした子もいました。

なんでもアリなのが幼児期の工作ですよね。

この工作は、パクパクという口の動きが何ともたまらない楽しさで、できた子からどんどん笑顔になっていきます。

口をパクパクさせる動物ならなんでもOKなので、いろいろな動物を作ってパクパクパクパクお楽しみください(^.^)

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336