5歳前後の幼児さん向け 英語で楽しむマルバツ(三目並べ)あそび

こんにちは。
幼児英語のマミです。
ここ数日、雪が舞うことが増えて急に寒くなった札幌です。

さて今回は、寒くなって室内あそびが増える時期におすすめのあそび “マルバツゲーム” を英語で、そして幼児さん向けにしてあそんでみましょう!

9個のマスに順番に○と×を書いていって、○または×が縦横斜めのどこかで3個並んだら勝ち、というあのあそびです。
英語では Tic-tac-toe というあそびで知られています。

☆あそびの準備☆
普通は○と×を書いてあそびますが、3~4歳児さんでまだ○や×をうまく描けない場合は、○と×を描いた駒やおはじきなど色のついたものを駒にすれば、大きい子たちと一緒に楽しく参加できるかと思います(#^.^#)

英語でマルバツあそび((Tic-tac-toe )
↑マルバツを描いた駒で。(○の勝ち)

おはじきでマルバツあそび((Tic-tac-toe )

↑赤と黄色の駒で。(引き分け)

☆あそぶ人数☆
2人以上(何人でも)
※普通は2人であそびますが、全部で9ヶ所に置けるので、2~3人でチームになってどこに置くか相談しながらゲームを進めることもできます。
マスのボードと駒があれば何人でもOK。

☆あそびかた☆
ジャンケンなどで先攻と後攻を決め、あとは順番に3個並ぶように考えながら置いていきます。

単純だけど、何だか深くてハマるあそびですよね(^.^)
私は子どもの頃、大好きでした。

大人目線で、どこに置いたら勝てるのかすぐ分かってもあえて教えずに、置く場所は自分(たち)で考えるように話し見守ってあげると、考える力や推測力もつきます。

「あそこに置けばいいのに」
と思ってもグッとこらえ(笑)、
また、どこに置いたらいいか相談されても自分(たち)で考えるよう促しましょ~。

英語表現は place または put を使えば簡単です。

Where shall I place (my piece)? (駒をどこに置こうかなぁ?)
I’ll place (my piece) here. (ここに置くよ)

また、
It’s my turn. (私の番)
It’s your turn. (あなたの番)
なども言いながらできるとイイですね(^^)

ルールが分かって勝敗を楽しめるのは5歳前後かと思いますが、3歳児さん、4歳児さんでも遊び方や駒を工夫すれば楽しめると思います。
お子さんの年齢に合わせてお楽しみください。

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336