絵カードあそび ミッキーを探せ!

こんにちは。
幼児英語のマミです。
寒いけど雪の少ない札幌です。

さて今回は、幼児さんたちが喜びそうなものを作ったので、それを紹介します。

これです⇓

Mickey Mouse 絵カードあそび(裏側)

何に見えますか?
そう。今年の干支がネズミなので、ミッキーマウス(Mickey Mouse)をたくさん作りました。

「え〜!ミッキーマウスはひとりだよ!」
と叱られてしまいそうです(笑)

そうなんですよね。
たとえカードあそびでも “ミッキーはひとりしかいない” という夢を壊すわけにはいきません。

カードをひっくり返したら…

Mickey Mouse 絵カードあそび(表側)

ちゃんとミッキーマウスはひとり(1枚)です。

幼児さんたちにウケるかもとこんなのも作成(^.^)

Mickey Mouse 絵カードあそび(その他)

もひとつおまけに

Mickey Mouse 絵カードあそび(おじさん顔)

こういうものを作っているときの私は、いろんな子たちのいろんな反応を想像してひとりでうひゃうひゃしています(#^-^#)

想像というより妄想の世界かも(笑)

これを使って
Where is Micky Mouse? (ミッキーはどこ?)
Let’s find Micky Mouse! (ミッキーを探そう!)
というあそびができます。

あそびそのものはとても単純だけど、
ミッキー、出るかな?
アハハッ、オジサンだ!
なんていうワクワクが楽しいです!

幼児英語サークルでは、ミッキーが出るワクワク感を味わえるようにサイコロあそびにしました。

ホワイトボードにミッキーを含む6枚の絵カードを黒い面を表にして貼り、それぞれの下に M I C K E Y の文字を書きます。

サイコロにも同じく6文字を貼り、出た文字の黒ミッキーをひっくり返しながらなんの絵か楽しむという感じです。

サイコロなので、同じ文字が出ることも。

そんなときはその文字の絵を元の黒い状態に戻したり、
It’s not Mickey Mouse!
It’s 〜!(ミッキーじゃなくて〜だぁ!)
などという感じでミッキーマウスの絵が出るまで繰り返すのもOKです。

おじさんの絵が出たときの反応はどんなだろう?と私は内心ワクワクドキドキ。

そして実際に出たときは…
ウヒャヒャヒャッ!
なんでおじさん?!
と、想像していた以上にウケてくれて、
Where is Mickey? (ミッキーはどこ?)
よりも
Where is Mickey man? (ミッキーの被りものおじさんはどこ?)
と、おじさんが出てくることの方にワクワクして大騒ぎになったりしました(#^^#)

幼児英語サークルは、ちょうどディズニー大好き♪ミッキー大好き♪な年齢(3歳、4歳、5歳児さん)の子たちなので、何だかいつも以上にハイテンション(笑)

子どもたちのこのハイテンションが私自身の元気の源です!

Where is Mickey? (ミッキーはどこ?)のあそびは画用紙に絵を描くだけでできるので、ぜひやってみてください。
おじさんの絵も忘れずに(笑)

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336