1 月に読みたい英語絵本 ”Baby Loves Winter!”

こんにちは。
幼児英語のマミです。
晴天なのに-6℃という厳しい寒さの札幌です。

さて今回は、雪あそびが大好きな幼児さんにおすすめの英語絵本 “Baby Loves Winter!” を紹介します。

Baby Loves Winter!

幼児さんが大好きなフラップをめくるしかけで、めくりながらいろいろな「冬」を見つけます。

たくさんの雪玉 (snowballs) 、みんなが大好きなソリ (sled) 、見上げるほど大きな除雪機 (giant snowplow)、など英語でなんて言うんだろう?というものも出てきます。

snowplow (除雪機) や groundhog (グラウンドホッグ=ウッドチャック)、deer (鹿) など幼児英語には少しなじみのないことばも出てきますが、絵本を通して目で見て耳で聞いて自然に知ることができます。

snowplow の発音記号は snóuplàu で、どちらかと言うとスノープロウではなくスノープラウです。
今年は雪が少なくて、見かける機会が少ないかもしれませんが、見かけたら思い出して言ってみてください(^.^)

Wow! It’s a giant snowplow! (わぁー!大きい除雪機だね!)

また、groundhog は春を告げる動物と言われていて、2月2日に冬眠から覚め地上に顔を出し、そのときに自分の影を見たら(晴れていたら)冬はまだ続き、影を見なければ、春が近いということらしいです。

日本では聞いたことがないお天気占いですネ。

この占いが当たるかどうかは別として、こういう文化の違いがあることを絵本から知ることができます。

この Groundhog Day (2月2日) が近づいたころに春の話をしながら読んであげたい一冊です。

春はまだもう少し先ですが、2月2日のお天気を気にしながら、1月末にでも読むとタイミング的にバッチリかと思います(^.^)

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336