外国人講師と子どもたち

さいたま市&川口市でのサークル活動もあと少し。

引き継いでくれる講師が見つかって活動を継続するところもあれば、
解散しちゃうところも・・・。

みんな英語が大好きで、ずっと継続してきたこの活動をやめたくない!
というママたちの強い気持ちで、とあるサークルの代表ママが見つけたきたのは何と外国人講師。

探して探して4人目でようやく見学に来てくれるという人に出会えたとのこと。

幼稚園でも教えているそうなので大人数のサークルでもきっと大丈夫だろうと・・・。

日本語はほとんど話せないというその女性は、日本語分かりますというご主人(外国人)と一緒に
活動の様子を見に来てくれた。

背の高い外国人ご夫婦。
子どもたちからしたら大きくって見上げてしまうほど。
臆することなくコミュニケーションを取ろうとする子どもたちにちょっと感動(#^^#)

レッスン準備をしながら横目で見ていたら
積極的にコミュニケーションを取ろうとしいるのは年中&年長さんたち。
小学生は遠慮がち・・・というか幼稚園児さんのハイテンションに入っていけない様子(笑)

小学生さんとの付き合いはもう5年になるから
Mamiさんが辞めて新しい先生、この人?という不安な気持ちもあるのかも知れない。

ぜんぜん興味を示さないで幼稚園の報告をしに来る子もいるし
端でジーっと眺めているだけの子も。。。

What’s your name?(お名前は?)
How old are you?(何歳?)

質問されて、ちゃんとMy name is とか I’m とかをつけてセンテンスで答えている子もいる(@@)

誰かが名前を答えているから、聞かれていないのに My name is ~ !と自分から言う子も。

How old are you?の質問は
ちょうどここ数回の活動で歌って踊って触れていたのでナイスタイミングだった。

使っているのは松香フォニックスの「英会話たいそう」

ウォーミングアップで英会話たいそうをしたあと、
曲に入っている表現を使って質問してみよう!ということで

Do you like sushi? (お寿司、好き?)
 →彼女の答えは Yes, I do. 

Oh~~~♪

 ↑好きなんだ(@@)という驚きと、自分たちの英語が通じた♪という喜びの声(^^)

Do you have any brothers? (兄弟、いる?)
 →No, I don’t.

いないんだ。一人っ子かな?
Do you have any sisters? (姉妹は?)
 →Yes, I do.

Oh~~~♪ 何だか分からないけど感動(笑)

他にも
Are you tired? →  No, I’m not.
Are you a good singer? →  Yes, I am.

私と一緒にではあるけれど大きな声で質問して、
その答えを聞き取って理解して
(YesとかNoとか単純ではあるけれど)
外国の人と通じ合えた!という思いが子どもたちの自信につながったんじゃないかなと思う。

日本語がほとんど分からないという点で不安を抱えるママたちをよそに
子どもたちは楽しくて仕方がない様子。

子どもたち、成長したなぁ
ちゃんと英語大好き♪な子に育ったなぁと妙に感動している。

講師バカ日記になってしまったかな(*^^*)

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336