トトロの曲「さんぽ」の英語版

札幌の6月はお散歩に最適です。
日差しが強い日もあるので気を抜くとすぐ日焼けしてしまいますが^^;
朝夕は涼しいし、日中も日陰に入ると風は心地よくて、個人的には大好きな季節です(#^^#)
今月の親子サークルではトトロの「さんぽ」の英語版をバックミュージックにお部屋の中を歩き回りました。
英語版のタイトルは  Stroll ~from “My Neighbor Totoro”  です。
ぶらぶら歩くことを stroll といいます。
お散歩しよう!は
Take a stroll.
Go for a stroll.
または
Take a walk.
Go for a walk.
などといいます。
いずれも Let’s をつけるといいですね。
トトロの英語版 stroll は「たのしくあそべる! えいごのうた」というCDに入っています。
アマゾンでは現在買えないようですが画像だけ貼っておきますね。
この曲を知らない子はいないという感じで、
イントロを流すと子どもたち(&ママたち)から「あっ!」という声が聞こえてきます。
かかっているだけでご機嫌になれる曲ですよね^^
出だしの「歩こう、歩こう」は、英語になると Hey, let’s go! Hey, let’s go! です。
この部分は何回か聞いただけで歌えるようになる子が多いです。

他の部分はゴニョゴニョだったり、日本語で元気に歌ったり^^;
でもトトロ大好き♪という子なら、何回も聞いているうちにきっと英語で歌えるようになると思うので、
CDやDVDで繰り返し聞いてほしいなと思います。
サークルでは実際に外にお散歩に行くわけではなく「お散歩ごっこ」です。
お部屋の何ヶ所かに貼った bush (茂み) に動物の絵を隠しておいて
Who’s behind the bush? (誰がいるかな?) とおしゃべりしながら、
途中、ジャンプしたり走ったりを加え、曲が終わるまでお散歩を続けます。
緑の画用紙をざっくり切ってお花をつけた、Spotくん風 bush です^^
2013_0624_2.jpg
隠れているのは「なんだろう?」「だれだろう?」と思ってもらえるように、
しっぽだけ見えるようにして貼るのですが、
準備の段階で私のあとを付いて歩く子にはバレバレです(笑)
Who’s behind the bush ? (だれが隠れてるかな?) と声かけをしたときに子どもたちの元気な反応がほしいので、何か貼ってる!と気づいて見に来る子は(実は)大歓迎です♪
私は「まだ見ちゃダメ~」と言うしママも「邪魔しちゃダメよ」と言うし、ダメダメ攻撃なのですが(笑)、
そうやって準備の段階から興味を持って見て歩く子は、実際、活動中もいろいろなことに興味を持ってくれるので、ものすごく盛り上がります
Who’s behind the bush? (だれかな?)
「わんちゃん!」
「うさぎ~!」
日本語でOKです。
(英語で何ていうのかまだ???ですし)
誰かが叫ぶと他にも叫ぶ子が続出します。
そうやってものすごく盛り上がるサークルと、
あれ?という反応で終わってしまう場合といろいろあって、
同じ遊びをしてもコチラのサークルとアチラのサークルで反応が違ってきます。
たくさんの中で子どもを育て合うといいますが、本当にそんな感じです。
どんな子がいるかで雰囲気が違ってきますから。
その辺が幼児英語の楽しい部分&ムズカシイ部分でもあります。
私としては、み~んなが楽しい思いをして、お互いにいい刺激をし合って、グングン成長してほしいと思います。
4月でメンバーが少し入れ替わり、4月、5月入会の新メンバーも何となく馴染み始めて、
緊張気味の顔をしていた子たちにも笑顔が見えるようになってきました。
あれ、何だろう?
今日は何するんだろう?
そういうたくさんのワクワクと出会えるような場になるようこれからもがんばります!
お散歩をするときに一緒に読んであげたいおすすめの絵本は
Spot’s First Walk です。
次回、紹介しますね。
それでは See you soon!
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336