紙コップのパックン動物で英語あそび

幼稚園や小学校は夏休みに入る週ですね。
札幌は関東と違い冬休みが長いので、8月19日や20日には2学期が始まるようです。
関東で育ち、8月が丸々夏休みだった私にとってお盆明けにはもう学校が始まるなんて信じられません(笑)
夏休みの宿題はいつ仕上げるんだろう(@@)なんて要らぬ心配をしてしまいます^^;
(良い子は毎日少しずつおべんきょーするのですよ)
さて今回は、2~3歳児さんが喜ぶ紙コップの簡単工作おもちゃをご紹介します。
201307_1.jpg
紙コップの両サイドを切って広げ、絵に合わせて周りをカットしました。
底の部分が口になります。
親子サークルではカエルさんバージョンを作り、
裏側を持ってお歌に合わせてお口をパクパク動かしたり、
色に注目してみたり、いろいろな角度で英語遊びを楽しみました。

パクッ(Snap!) という動きが上手にできるようになったら、
カエルさんが餌を食べるという遊びをするのも楽しいです(#^^#)
Buzz~~~(ぶ~ん) と言いながら餌(ハエ)がカエルの口のそばをウロウロ。
201307_2.jpg
(左斜め上に写っている黒いのがハエ。結び目をつくった紐です^^;)
2~3歳児さんは、そうそうすばやくパクッと食いつけないので、
食べてくれるまで待っているハエさんです(笑)
Snap! (パクッ)
201307_3.jpg
飲み込むわけではないので口を開けたら逃げてしまいます(笑)
Oh! It flew away! (あ、逃げた!)と、また繰り返し遊びましょう。
1歳児チャンは、紙コップのカエルさんを使って自分で楽しく遊べる年齢ではないので、
大きい子たちとは違った楽しみ方をいているようでした。
例えば、ママが一人でカエルさんとハエ(紐)を持ってパクッとするのを見て喜んだり、他の親子を見て喜んだり、buzz~と目の前を飛ぶハエに見立てた紐を自分でつかんでニコニコしたり、その子その子でいろいろな楽しみ方を探し出して楽しんでいる様子が伺えました。
Snap! (パクッ)の動きが上手にできない場合は、大人がカエルを持って
I’m hungry! (お腹すいた~)と言い、
子どもが持っている紐をパクッと食べるもの楽しいです。
ただこの場合は、お子さんのハエは食べられまいと逃げ回ることが予想されます(笑)
そうなったら
Snap! (パクッ) と食べるのはあきらめて、
I want to eat you! (食べた~い!)
Wait! (待て~!)
と追いかけっこをして楽しんでしまいましょう。
カエルは他に何を食べるんだろう?と調べてみて、いろいろな想定で楽しむのもいいですね。
もちろんクマさんバージョンでも楽しめます。
サークルでは帰る前のほんの数分でできるように、
下絵を描いた画用紙を用意してその裏に両面テープをつけておいて紙コップにペタッと貼るだけの状態にしておきましたが、
ご家庭で作るときはもちろん紙コップに直接絵を描いてしまってOKです。
ちょうといい大きさの動物やキャラクターのシールがあったらそれを貼るのもいいですね。
簡単&楽しく遊べるものなので、ぜひいろいろな動物やキャラクターで作ってみてください。
それではまた次回。
See you again. (^^)/~
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336