雪の季節に読みたい英語絵本 ~Welcome Winter~


昨日は関東にも雪が舞ったようですね。

札幌は舞うというよりも前が見えないほど吹雪くことも多い毎日です。

最高気温が氷点下というのにもずいぶん慣れました。

-8℃とか聞くと寒いなぁと感じるのですが、-3℃くらいだと痛いような寒さではないです(笑)

太陽が出ているかとか風が吹いているかとかでずいぶん違ってきますけど(*^^*)

さて今回は雪の季節にピッタリな Welcome Winter という絵本をご紹介します。

welcome.jpg
Welcome Winter


触って感触や音を楽しめる仕掛けになっています。

以前ご紹介した How to Build a Snowman と同じシリーズで

5ページほどで終わってしまう絵本ですが、

2歳くらいまでの子が集中するにはちょうどいいかと思います。

絵もシンプルで、はっきりした色づかいなので、

3歳前後の子なら色探しや絵探しをしながら読むのもいいでしょう。

例えば最初の

Snowflakes fall in front of your eyes. (雪が目の前に降ってきた)

というページで、

Where are his eyes? (絵本の子の目はどこ?)

Where are your eyes? (自分のは?)

と聞いてみたり、

絵本の内容とは少し離れて

How about the nose? (じゃ、お鼻は?)

Touch your nose. (自分のお鼻、触ってみて)

などと楽しむのもOKです。

また、絵本の中ではどのページにも雪の結晶が描かれているので、

How many snowflakes are falling? Let’s count! (雪はいくつあるか数えてみよう)

などと言って数えてみるのも楽しいです。

北海道ではフワッフワッと大きな雪が静かに降ることもあるので、

数えようと思ったら数えられることもあるかもしれませんが、

普通は本物の雪はとてもじゃないけど数えられませんね(笑)

こういう絵本で雪の世界と楽しむと

雪が多くて大変な冬も違った楽しみ方ができるかと思います♪

それではまた次回(^-^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336