Santa’s Ho Ho Ho!

11月も残すところあと5日(@@)
来月は子どもも大人も大好きなクリスマスがやってきますね(*^^*)
今回はChristmas関連のゲームを一つご紹介しましょう♪
その名も<Santa’s HO HO HO!>です。

お話や歌の中でサンタがHo, ho, hoって言うことを知っている(あるいは耳にしてる)子もいるかもしれませんが、まだまだ知らない子も多いはず。
遊びながら少しずつChristmasのことを知って楽しんでもらえたらと思います。

☆ 準備するもの☆(赤チームと緑チームで対戦する場合)
 ・red drawing paper(赤い画用紙)
 ・green drawing paper(緑の画用紙)
 ・marker(ペン)
 ・box or bag(箱または袋)

画用紙を10cm×10cm(くらい)の大きさに切り10枚(くらい)用意します。
※枚数は子どもの人数で調整しましょう(大勢の場合は人数分あったほうがいいかも)。
※毎年または何年か後にまた遊びたい場合はラミネート加工して丈夫にしたほうがいいかも?

6枚にH O H O H O と書き、残りの4枚には何も書きません。

赤、緑それぞれ同じように準備しそれぞれを箱か袋に入れます。

子ども達を赤チーム、緑チームに分け、Ready, go! で各チーム順番に1人一枚ずつ画用紙を引かせ、より早く”HO HO HO”を完成させたチームが勝ちです。

親子でやる場合や、競争はイヤ!って言う場合は

“何分で完成するかな?”

“さっきより早くできるかな?”

という感じで親子(みんな)で一緒にやってみるのも一つの手です。

小学生さんくらいなら Merry Christmas とか 難しい言葉でもいいかも知れませんネ。

また、あえて外れのカード(何も書いてないカード)は作らず、引いた文字を並べ替える”spelling game”にしちゃっても楽しめます。

目に付くところ(飾り付けなど)に文字が書かれていれば、幼児さんでもspelling gameは楽しめます。

アルファベットの導入中なんていう場合ならなおのことGood でしょう。

Spelling Gameの場合は子どもの人数と文字の数をうまく合わせて、平等にできるよう工夫しましょう。

どうしても合わない場合は ☆や♪、!などのマークを加えてしまえば何とかなると思います。

レッスンの中で子どもたちに文字を書かせてもGood!
自分たちで遊ぶ教材を作るというのも「これで何するのかな?」とワクワクしてまた楽しいものです。

できあがったらみんなでそろってサンタになりきって”Ho, ho, ho!”って言うのをルールにしても盛りあがって楽しいかと思います(^_^)

Have a Merry Christmas!

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336