This Old Man

This Old Man
マザーグースの歌の中ではわりと知られている手遊び歌です。
マザーグースの歌は、歌詞そのものの意味よりも、韻(ライミング)を楽しむものが多いけど、
このThis Old Manもまさにそういう感じの手遊び歌です。
This old man, he played one
He played knick-knack on my thumb 
With a knick-knack paddywhack, give a dog a bone
This old man came rolling home
one と thumb で韻を踏んでいます。
2(two)以下は↓
two – shoe
three – knee
four – door
five – hive
six – sticks
seven – heaven
eight – gate
nine – spine 
ten – once again 
いろいろなCDに入っていますが、私はBarneyの
Run Jump Skip and Sing
に入っているテンポの良さが好きでサークルでは愛用しています。
サークルでこの曲を使うときは、2歳前後の小さい子と幼稚園児さんでは遊び方を変えるようにしています。
未就園児さんは、指で数字を作るということに一生懸命で、歌に合わせておひざを叩いたり手を叩いたりという作業を入れてしまうと、何もできないまま曲が終わってしまうということになりかねません^^;
なのでいろいろな遊び方を繰り返してみた結果、最近落ち着いたのがこれです↓
 This old man, he played one (片方の手の指を1本立てます)
 He played knick-knack on my thumb (もう片方の手の指も立てます)
 With a knick-knack paddywhack, give a dog a bone (両方の指をくっつけあいます)
 This old man came rolling home (かいぐりかいぐり。胸の前で回します)
BarneyのCDだと5までしか入っていないけど、それがまたちょうどいいんです。
未就園児さんは右手と左手で違う数字を出すのは難しいですから^^;
幼稚園児さんの場合は少し動きを増やしてムズカシクします^^v
thumbで親指を、shoeで足先を、kneeでひざを触るようにするだけで動きが増えて大騒ぎです(笑)
ムズカシイ!→でも、がんばればできそう→何とかできた♪
こういう気持ちを味わわせてチャレンジ精神を養いたい♪
遊びの裏にはそういう講師心もあるのでした(*^^*)
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336