日米 ジェスチャーの違い

日本とアメリカとでは違うジェスチャーをするというものがいくつかあります。
たとえば「おいで」というジェスチャー。
手のひらを下にして呼ぶと思うんですけど、これ、アメリカでこのままやると「あっちへ行け」の意味になるので要注意です。「シッシッ」っていう感じでしょうか(@@;)
アメリカでは手のひらを上にして4本の指を手前に動かして “Come here.” “Come on.”になります。
それから自分のことをさすとき、われわれ日本人は鼻をさしますよね。
アメリカ人は鼻ではなくて胸です。
人差し指だったり、親指だったり、手のひらだったりします。
ジェスチャーとは少し違うけど、数を数えるとき、グーにした状態から人差し指を立てて 1 と数え始め、親指は 5 で最後に開くことが多いかと思いますが、アメリカでは親指から 1 です。
↑この数え方、私は薬指の辺りで小指が連動して持ち上がってしまいます(笑)
左手でならかろうじてできるけど・・・。
他にはパーにした状態で、もう一方の手の人差し指で、親指から数えていき、6からは手を変えて続きを数えるという方法もあるようです。
I’m full!(お腹いっぱい)のジェスチャーは面白いですよ。
「アイ~ン」のポーズです(*^^*)
日本人のよくやるお腹ポンポンとか「こんなに膨らんじゃった」とさするようなジェスチャーは妊娠しているととられることもあるそうなのでお気をつけて。
手のひらを下にしてあごにあてて、もうここまで入っててこれ以上は入りませんという感じで。
決して「アイ~ン」と声には出さないように(笑)
I’m full.
または
I had enough.と言いましょう。
最初に No, thank you.
または最後に Thank you. をつけるとより丁寧です^^
↓このポーズを気に入った幼稚園児さんたち
full.jpg
「アイ~ン」を連発(笑)
お願いだから I’m full! と言ってくださいm(_ _)m
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336