バッタの耳はお腹に

Roald Dahl(著)
両親を亡くしたジェームズ君が、大きな桃に乗ってバッタやミミズ、クモ、ムカデたちと冒険をするというお話で、ディズニー映画にもなっています。
昆虫の類はあまり好きではないけれど、面白そうなので読んでみました。
本の中でバッタが「ボクの耳はお腹についている」と言っています(@@)
“One on each side of my tummy.”と。
そして、コオロギとkatydidの耳は、前脚の中、ひざの下にあるとのこと。
The crickets and the katydids keep theirs(ears) in their legs.
One in each front leg, just below the knee.
  cricket→コオロギ
  katydid→米国産キリギリスの類です。
キリギリスもバッタも英語では grasshopper というけれど、耳の位置に違いがあるのですね。
また、バッタの方は on で表現しているけど、コオロギ達のは in で書かれています。
コオロギの耳なんて見たことないけど、きっと in なんでしょう。
ちなみに人間の耳は on で表現されています。
on the side of one’s head と。
昆虫の耳の位置に驚いているジェームズ君に、バッタ君は「人間だって顔の横についているなんておかしい」と言っています。
確かに一理あるような・・・。
そうそう。
head=あたま とイメージしてしまいそうですが、首から上は head なんですね。
Roald Dahl(ロアルド・ダール)著にしては少々ワクワク度に欠ける気もしますが、ジェームズ君と昆虫たちとのやり取りが妙におかしくて、楽しく読める洋書です。
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336