Ten Little Fingers (絵本)

札幌もここ数日は暑い日が続いています。
お盆を過ぎると涼しくなるといわれているので、今週一週間ガマンすれば乗り切れるかな・・・。
サークルも今週は夏休みです。
お休みだからといって生活のリズムが変わると体調を崩しそうでいつもと同じ生活を送っています^^v
とはいえ、お仕事がない分、身体を動かさないとやっぱりバテそうで、散歩に出たらコスモスが咲いていました。
この時期、アジサイとコスモスが同時に楽しめるのも札幌ならではです♪
さてそんな夏休みの今日は、
未就園児親子のサークルで最近読んだ絵本を紹介します。
ギュッと握ったり(shut)
開いたり(open)
可愛い絵で、動きを真似して楽しめる本です。
背表紙に楽譜がついています♪
子守唄っぽいやわらかなメロディでとてもステキなので
歌ってあげようかなぁ♪と思ったけど~~~
子どもたちの興味がそこまで続かず(笑)歌わずじまいでした^^;
本を開くと
I have ten little fingers.
And they all belong to me.
という表現から始まります。
belong って???
使いそうで使わない、でも絵本でこんな風に出てくるくらい「よく使う」ことばです。
(所有物として) [~に]属する とか [~の]ものである という意味で、
This book belongs to me.=この本は私のです(私が所有する本です) 
という例文をよく見かけるかと思います。
絵本に戻ります。
I have ten little fingers.
And they all belong to me.
私は10本の指を持っています。
私の指です^^
訳すとこんな感じになってしまいますが、
こういう場合(変な訳の場合)は、大げさにジェスチャーをつけたり
いろいろな表現で繰り返し聞かせたりして、
訳さずにニュアンスで意味を感じ取ってもらいたいと思います。
~例えば~
My fingers (といって指を動かして)
(They all) belong to me (自分を指す)
Your fingers (指を触ってあげる)
(They all) belong to you (YOUを強調してお子さんの方を指す)
教室やサークルで、何人かいる場合は
○○’s fingers と、その子の名前を言ってあげてもGoodです。
(They all) belong to him / her 
こうなると、乳幼児向け絵本といいつつも、小学生でも充分楽しめる&ためになるかと思います^^v
最後は
Hold them just so.
という表現で終わっています。
them は fingers のこと。
just so は口語で「きちんとした」という意味です。
「お行儀よくしてね」という感じです。
場面に応じて使ってあげてください。
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336