ハロウィンでの英語あそび

こんにちは。幼児英語のマミです。
明日はハロウィンですね。
札幌でも「さっぽろ大通ハロウィンカーニバル」が賑やかに開催されるようです。

さて、今回は親子英語サークルのハロウィンの様子をほんの一部ですが紹介します。

今年は久しぶりに Go Away Big Green Monster の絵本を読んで、フェルトで作った顔のパーツでBig Green Monsterの顔パズルのあそびをしました。

Big Green Monster

適当に置くので絵本とはまた一味違った妙な怖さのある表情になって笑えます^^

“Go away!” は覚えやすいようで、近づいたら追い返すという怖いもの退治の歌あそびでは2歳児さんも大きな声で “Go away!” を連発できるようになりました。

風船に顔を描くとそれだけでハロウィンの飾りにもなります。

風船ジャコランタン

顔の部分は油性ペンで描くと割れやすいので、私はガムテープを貼りました。

風船好きの子どもたちは「風船だ!」「目がついてる!」「変な顔~」と目をキラキラさせて騒いでいました(笑)

いろいろな遊びに使えます^^

☆遊び例☆
・ Go away!
スタート地点とゴール地点を決めて、fan (うちわ) で仰ぎながら風船モンスターを退治する(ゴールまで追いやる)あそび。
うちわを持っている子も周りの子もみんなで Go away! と騒ぎましょう♪
順番にあそぶだけでも楽しいし、人数や年齢によってはチーム対戦でも楽しいです。

サークルでは2歳前後の子たちはじょうずに仰ぐことができなくて(笑)、蹴飛ばしたりバンバン叩いたりしながら追いやっていました^^
割れなくてよかった^^;

フワフワ~ッと移動するので戻ってきちゃったりしてなかなかゴールにたどり着けないのも楽しさ倍増で盛り上がります。

・ Pass the Monster!
丸くなってお隣のおともだちにパスするあそび。
最初は小さな輪で優しく渡して、だんだん輪を大きくしていくとpass(パス)が難しくなって面白いです。

pass game

縦一列になってうしろの子にパスするのも楽しいです。
2列なら風船2個、3列なら3個準備して競争するのもOK。

“「Happy Halloween!」と言いながら渡す” というルールにすると、いつもは何となくおとなしい子も雰囲気で発話できたりするので、とっても楽しい雰囲気になります。
こういうあそびを通して声を出すことの楽しさを味わって、これからもどんどん大きな声で参加できるようになってくれたら嬉しいです(*^^*)

それではまた次回(^-^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336