2015年度の絵本、大集合!

こんにちは。幼児英語のマミです。
氷点下の朝、寒いけど青空も見えて穏やかな札幌です。

大晦日です。
ここ数年、一年があっという間に過ぎる気がするのは年齢のせいでしょうか?

さて今回は、年度末のブログとして毎年恒例となっている「親子英語サークルで読んだ今年の絵本」です。

毎年似たような写真になってしまいますが^^;今年もたくさん読みました。
1月~12月、ぜんぶで51冊ありました。

2015_book_all

1歳後半~3歳児さん親子のサークルでは、年齢差もあるので、子どもたちもママたちも、み~んなが楽しめる絵本というのは案外ムズカシイのですが、そんな中、 Leslie Patricelli著のシリーズはやっぱりみんなが絵本の前に集まって目をキラキラさせてくれました(*^^*)

例のハダカンボ(オムツ一丁)の子が主人公の絵本です。

これまでにも Fa La La (クリスマスの絵本)や、Potty (おまるの絵本) で紹介したことがありますが、今年はTwelve Months (12ヶ月) とBirthday (誕生日)をテーマにして英語遊びをした月に The Birthday Box という絵本を読みました。
期待を裏切ることなくやっぱりみんなが釘付けになってくれました(*^^*)

まだブログで紹介していないので、近いうちに載せたいと思います。

もう少し大きい幼児(3~5歳児さん)の絵本タイムは
What will happen next? (このあと、どうなるかな?)
What do you think? (どう思う?)
といった質問を投げかけて、「ちょっと考えてみて」という感じにすることが多いです。

絵本は黙って静かに読む(聞く)ものと思っている子は、最初の頃あまり発言してくれないのですが、一年を通して絵本タイムは感じたことや考えたことを口にしていいということが分かると後半はずいぶんたくさんの子たちがあ~だこ~だと自分の考えを言ってくれるようになって、とても賑やかになります。

親子の部で人気が高かった(と思われる) The Birthday Box も、子ども(幼児さんたち)の部では「このプレゼント、みんなならどうする?」という質問にいろいろな声があがっていました。

自分の考えを言うこと、他の人の考えを聞くこと、そしてまた考えること。この繰り返しが大事です。合っているとか間違っているとかではなくて「考えて声に出す(=参加する)」ことに意義があると思っています。

年末に、今年読んだ絵本を振り返りながら本棚の整理をしつつ、来年以降読みたい絵本を発掘しているのですが、読んであげたい絵本が山積みです^^;

さっきの The Birthday Box もずーっと読みたかった絵本の中の一冊なのですが、
今年は他にもこれまでタイミングを逃して読めずにいた Faster! Faster! という絵本を読む機会があったので、今回はこちらを紹介します。

Faster! Faster!

表紙の絵の通り、パパの背中に乗って「もっと速く!」とキャッキャッとはしゃぐような内容です。
女の子は Faster than a dog! (犬よりも速く!) とかdog (犬) → rabbit (ウサギ) → horse (馬) と、どんどん速い動物を要求します。
パパの背中に乗っているはずなのに、絵本の中のパパの絵が犬やウサギに変わるので、あれ?この子は本当に動物にまたがっているのかな?と思ってしまう感じです。

よく見るとどの動物もパパのネクタイをしているので、ぜんぶこの子の「想像の世界」なのですが、「空想の世界を楽しんでいる」というのが分からないとこの絵本の楽しさが伝わらない気がして、どうやって読んだらこの絵本の楽しさが伝わるかしら・・・と考えているうちに読む機会を失ってしまったのです^^;
でも今年の夏、海の生き物を使った遊びをすることがあったので「海にはどんな生き物がいるかなぁ?」「速いかな?遅いかな?というつながりでこの絵本を取り入れてみました。

オチをばらしてしまうようでゴメンナサイなのですが、イルカ(dolphin) につかまって Faster! Faster! (もっと速く!もっと速く!) とはしゃいでいたら、次に乗っているのはカメ(turtle) の背中で、あれ?速い?あれ?と思ったら陸に上がってバテバテのパパの背中にいる、というオチなんです。

ぜんぶ想像の世界だったと分からないと子どもたちも “あれ?どういうこと?”という表情で飲み込めないまま不完全燃焼の状態で絵本タイムを終わることになってしまうので、「ぜんぶパパだったんだね」ともう一回最初のページに戻ってネクタイを見せて、今度は乗っていた動物がネクタイをしているのを確認しながらページをめくるとそれはそれは大騒ぎです(笑)
「ネクタイしてる!」
「パパだぁ!」
さっきは見落としていたのに、今度は発見!というのが楽しいようです。

絵本の中に出てくる英語表現は、タイトルの Faster! Faster! と、それ以外は一番最初に「パパ、乗せて」というニュアンスの Ride! と、一番最後に疲れ果てちゃったパパに向かって Daddy? (パパ?)、それくらいです^^
サークルでは動物の名前も英語で言いながら読み進めましたが、Faster! Faster! だけでじゅうぶん楽しめる絵本です。

お馬さんごっこをするときは Faster! Faster! って英語で言ったら速くなるよ、なんて言ったらきっとすぐ覚えちゃうかと思います(*^^*)

年末年始、パパがゴロンとしていたら Faster! Faster! の遊びをしてみてください^^

今年最後のブログが何だか長くなってしまいましたが、読んでくださりありがとうございました。
読んでくださっているみなさまに支えられて継続できています。
更新のペースがときどき崩れますが^^;2016年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

それではまた来年(^-^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336