今年(2016年)のEaster(イースター)は3月27日です

こんにちは。幼児英語のマミです。
日差しは暖かなのに風が冷たい札幌です。

春になると、英語圏ではEaster (イースター) のお祝いムードが高まって、色とりどりのタマゴのおもちゃを目にするようになります。
日本でも少しずつ楽しむようになってきましたが、何となくまだ何のお祝いなんだか分からないままタマゴが関係するんだなぁと漠然と思っている方も多いかと思います。

Easter (イースター) はキリスト信者のお祭りで、私自身、信者というわけではないので^^; あまり詳しくはないのですが、親子英語サークルの子どもたちと異文化を楽しむという目的でハロウィンやクリスマスと同様に楽しむ程度に触れています。

簡単に説明します^^

~Easter(イースター)ってなに?~
Easter(イースター)は、キリストの復活をお祝いするものだそうで、春分のあとの満月後の最初の日曜日を Easter Sunday と呼び、信者は教会へ行ったり家族で集まって食卓を囲んだり、子どもたちはウサギが隠したタマゴを探ししたりして楽しみます。

~どうしてタマゴ?どうしてウサギ?~
キリストの復活を祝うということで、「生命」に関係するものがシンボルで、タマゴからたくさんのヒナが生まれることから、Easterといえばタマゴ(=Easter Egg)という関連付けがされているようです。
そして、子だくさんのウサギもシンボルの一つで、ウサギがタマゴを隠しにやってくると言い伝えられています。

~Easter Sunday (イースターサンデー) っていつ?~
春分のあとの満月のあとの最初の日曜日・・・@@???なので、毎年Easter Sunday は微妙に違って、今年(2016年)は3月27日(日)です。

今年の親子/幼児英語サークルの絵本タイムでは、Easter (イースター) にちなんで、HAPPY EASTER, MOUSE!を読みました。

happy_easter_mouse

大勢で読むには少し小さいサイズなのですが、Easter Bunny (ウサギ) が隠したと思われる Easter Egg (イースターエッグ) をMouse (ネズミ) が見つけ出すというお話で、で、色や数の英語がわかる幼児さんには楽しめる内容だと思います。
機会があればそのうち紹介します。

春ももうすぐそこですね。
木々のつぼみが膨らみはじめて、自然界も春の準備をはじめています(*^^*)
雪どけでグチャグチャの足元ですが、少し顔を上げて歩きましょう。そして、つぼみがありそうな木があったらちょっと足を止めて春を感じてみましょう♪

ではまた次回(^^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336