雪どけの季節にピッタリの絵本

こんにちは。幼児英語のマミです。
雪どけの季節になった札幌です。

さて今回は、この季節にピッタリな絵本を紹介します。

英語版(原書)のタイトルは「The Happy Day」、日本語版は「はなをくんくん」です。
翻訳されるときに、内容に応じてまったく違ったタイトルがつくこともよくありますが、
私は、英語版の「The Happy Day」(しあわせな日)というタイトルの方が好きです♪

the_happy_day
The Happy Day

表紙の動物たちが幸せそうに踊っています。
こわいイメージのクマさんもとても優しい表情です。

何が楽しいんだろう?
どうしてHappy(シアワセ)なのかな?

ワクワクして読み始めるとみんなが冬眠しているところから始まります。

あ~動物たちは冬の間、こういうところのこういう場所でこうやって寝るんだ・・・
雪が深い北海道の子たちはきっと動物たちの冬眠を身近に感じてくれると思います。

さて、絵本の中の動物たちは、春の気配を感じて目覚めます。
みんながみんな「春」に向かって走り出します。

なんだろう?
なんだろう?

絵本の中の動物たちがページをめくるたびにどんどん大きくなって、読んでいる側もワクワク感が増していきます。

そして、最後に「春」を見つけた瞬間が感動です(*^^*)

英語では Oh! (お~) と書かれています。
どうしてかというと・・・
以下、ネタバレ注意です。

.
.
.

最後のページに出てくる「感動の春」以外はぜんぶモノクロです。
その理由が最後のページに出てくる「春」につながります。

みんなが集まったその先には黄色い一輪の花が咲いているんです。
他のページがモノクロだっただけに、最後のその一色はとても輝いて見えます。
その瞬間、「わぁ~♪」と心温まる絵本です。

この「わぁ~♪」を味わうためにタイトルが The Happy Day なのかもしれないと勝手に考え、
日本語版のタイトルも「しあわせな日」ならいいのに・・・と個人的には思ってしまうんです。

「はなをくんくん」というタイトルの裏には「鼻」と「花」をかけているのかもしれませんね?

でもやっぱり「しあわせな日」がしっくりきます。

私は、絵本を表紙から楽しむようにしています。

この絵本の場合、「The Happy Day」と読んで、表紙の絵をみながら
「どんなときがシアワセ?」という疑問を投げかけることができます。

表紙の動物たちがシアワセそうに踊っているのはどうしてかなぁ?
みんなはどんなときがシアワセかなぁ?

そんなおしゃべりも楽しむのが絵本タイムなんです。
(早く読んで!という声があがることもありますが^^;)

絵本の中の「春」はとても小さいです。
でも、すご~く Happy な気持ちになれるんです。
幸せってそういうものかもしれませんね。

ではまた次回(^-^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336