パ~ン!

こんにちは。幼児英語のマミです。
かなり冷え込む札幌、ゴールデンウィークが始まります。

私はオフの日が続くとパンやお菓子を作りたくなるんです(*^^*)
今回はずっと作ってみたかった「フライパンで作る簡単ちぎりパン」を作ってみました。

ちぎりパンを英語で言うと Tear and Share Bread です。
tear は「ちぎること」、share は「分けること」で、
ちぎって分けて食べましょ~という、なんだかそのままで覚えやすいですね。

英語圏では家族で大皿を囲むことが多いので、日本よりこのタイプのパンは多いのかもしれません。

英語では bread なのですが、幼児英語サークルで子どもたちにパンの絵をみせて、What’s this ? って聞くと、英語っぽく「パ~ン!」と言う子もいます。
元気でOKです!
幼児英語の世界では、とりえあず声に出して言ってみるというのも大事です。
子どもには英語かなと思われがちですが、「パン」の語源はポルトガル語なのでした^^

さて、パンを作るときに私が口ずさむお気に入りの曲があるので、紹介しようと思います。
いろいろな種類のパンがたくさん出てきてリズミカルに繰り返す楽しい曲です。
歌詞の一部と一緒に紹介します。

Barneyが歌うパンの歌

♪I have a bread and its call pumpernickel,
プンパーニッケルっていうパンを持ってるよ

♪I have a sandwich made with white bread,
ボクのは白いパン(食パン)のサンドイッチだよ

♪Mine is a round bread called a beagle,
私のは丸いベーグルよ。

♪Mine has a pocket its call pita bread,
私のはポケットがついてる「ピタパン」よ

♪Mine made of corn, its call a tortilla,
ボクのはコーンでできてるトルティーヤだよ。

こんな感じで、それぞれのフレーズのあとに
would you like a bite? 食べてみる? と聞いています。
何度も出てくるフレーズなので歌っているうちに覚えちゃうと思います。

一番最初のpumpernickel(プンパーニッケル)は黒っぽいライ麦パンです。
発音はパンパァニッコゥという感じで、カタカナ表記されたものとはずいぶん違います。

Yum, yum, Pumpernickel, Pumpernickel Bread, Hey!
というノリノリな歌い方が楽しくて、一度聞くとしばらく頭の中に残ります^^

ベーグルとかトルティーヤも最近はパン屋さんや輸入食品を扱うお店でもよく見かけるようになり身近なものになりましたね。

最後になりましたが、今回作ったパンの写真を載せようと思ったのですが、あっという間に食べてなくなっちゃいました )^o^(

ではまた次回。
楽しいゴールデンウィークをお過ごしください!
Have a great holiday!

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336