思わず口からこぼれる「ひとこと」英語

こんにちは。幼児英語のマミです。
急に冷えこんで肌寒い札幌です。

以前、やんちゃな5歳児だった頃の David くんの絵本を紹介しましたが、
今回は彼が赤ちゃんだったころの様子がおもしろく描かれた絵本を紹介します。

Oops! (Diaper David)

タイトルの「Oops!」のような感じに、思わず口からこぼれる「ひとこと」がたくさん出てくる絵本です。
表紙の子は、あの David くんです。
幼児英語サークルでは表紙を見た瞬間に「あっ!」と目を輝かせる子もいます^^
幼稚園児バージョンでの David くんを知っている子は、”あの、いたずらっ子だ!” と気付くんです。

「あれ?ちっちゃい!」
「まだ赤ちゃんだ!」

表紙だけでガヤガヤできるなんて、さすが人気ボーイの David くんです。

赤ちゃんの頃、どんなだったんだろうね。。。
ちょっとだけどちゃんと英語を言うんだよ。
どんなときにどんなことを言うんだろう???
などちょっとワクワクさせてからページをめくると・・・

どっか~んとインパクトのある大胆な絵と大きな文字。

ページ数は少なくすぐ終わっちゃうので期待するほどの中身ではないのですが^^;
幼児英語サークルで3~5歳児さんたちにはウケていました。

一番ウヒャウヒャしたのがお風呂のページ。

Oops!(Bath time)

「お湯、少な~い!」

子ども目線でみると面白いですね。
確かに少ないです。

みんなが入るお風呂とはちょっと違うね。

日本と外国の違いがちょっと分かるページです。

Davidくん、お風呂でも英語で何か言ってるよ。
何ていっているんだろう?

答えは左下に書かれている Ahh! (あぁ~)なのですが、
Ahh を何て読むのか分からない子たちは

(お風呂で???なんていうんだろう?)と期待の表情(笑)

私が感情を込めて “Ahh!” と言うと

「日本語とおんなじ~!」と大笑い。

今日お風呂に入ったらちゃんと英語で言ってね、と宿題にしました(←笑っちゃうけど大事な宿題です^^)
Oops! とか Whee! などを真似してただ楽しむ絵本としてなら1~2歳児ちゃんにもOKです。
丈夫なボードブックですし、「もう一回、もう一回」と何度も読みたがる子が少々乱暴に扱っても大丈夫です。

どんなときに Uh-oh! というのか、David くんが何をして何て言ったのか、など絵本の内容を理解しながら楽しむには4~5歳児さん向けかと思います。

ちょっとしたときに口から漏れるひとことが英語だと「英語ができる人、わかる人」みたいでカッコイイですね(*^^*)
生活の中で意識して使うようにしていたら、そのうち無意識にパッと言えるようになると思います。
まずはお風呂の Ahh! からはじめましょう(^^)

ではまた次回 (^-^)/

ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336