英語絵本 I Like It When . . .

こんにちは。
今回は今月親子英語サークルで読んだ絵本をご紹介します。
2004年にNHK教育テレビで「リトルペンギン」の親子です。
この番組が大好きだった子は絵本の時間にこの表紙を見ただけで大興奮でした。
ペンギンの子どもの気持ちで「こんなときが好き♪」と言っている絵本です。
英語は題名どおり I like it when・・・と同じ表現で書かれています。
手をつなぐとき、くすぐられるとき、お手伝いさせてくれるとき・・・
そんなときが「好き♪」と。
大人からしたら「なんだそんなこと?」というくらい身近なことだけど、そんな当たり前のことが子どもにとっていかに大事かが分かるような、心が温かくなるステキな絵本です。
親子サークルで読むときは子どもたちに「ママとどんなことするときがスキなのかなぁ?」と声かけをし、ママたちには絵本の中と同じこと(手をつないだり、くすぐったり)をしてあげるようお願いしてから読むようにしています。
すると、めくるの大好き&走るの大好き&じっとしていない未就園児ちゃんたちも、ママのおひざで見入ってくれるんです。
何とも不思議な魅力のある絵本です。
使われている色もカラフルで淡い色はほとんど無くてred(赤)、blue(青)、green(緑)、yellow(黄色)、そしてペンギンのblack(黒)and white(白)です。
こういうはっきりした色使いもまた子どもたちの心をつかむのかも知れませんね。
英語で色を覚えた頃のお子さんでしたら絵本の内容と関係無しに色さがしをしてみるという楽しみ方もアリです。
この絵本をとある親子英語サークルで読んだ日の帰りのできごとです。
サークル活動が終わってお部屋を出たら、お子さんがビュ~ンと走り出してしまいました。
そこは廊下が長いところだったので、走りたくなっちゃうみたいなんです^^;
お子さんを追いかけて2~3歩走ったママが、突然立ち止まってパッと振り返り
「手をつなぐって(英語で)何でしたっけ?」と私に聞くんです。
私が「”Hold my hand.”です」と教えると、子どもの名前を呼びながら「Hold my ha~nd!!!」と叫びながら追いかけて行かれました。
絵本の中に書かれている英語表現を毎日の生活の中で使おう♪と思ってくださったようで、「そうだ、今こそ使おう!」と思ってくれたみたいなんです^^
聞いている間にもどんどん走っていっちゃうし・・・
大丈夫なのだろうかと逆にこちらが焦ってしまいました。
実際は「ここまでならママと離れて走っても大丈夫」という認識もあるようだったのですが。。。
あの親子は毎日使いそうな表現だわ^^;と他のママたちも苦笑してしまうできごとでした。
サークルに参加するママたちの中にはもちろん「英語で子育て!」という方もいますが、それほど一生懸命なわけではなく、親子で英語を楽しむ時間を作りたいとか、子ども英語のCDを持っているから遊び方を知りたいとかそういう方も多くいらっしゃいます。
一回一回を楽しめればいいとお考えのママもたくさんいるように感じます。
もちろんそれでOKです。
目的は何であれ、毎回楽しいと思えるその気持ちが一番大事ですから^^
いろいろなタイプのママが集まるサークル活動の中で、それぞれのママが「この表現、毎日の生活の中で使ってみよう♪」と思ってくれるそのお気持ちはすごく嬉しいので、↑のような出来事は印象強くて、この絵本を読むとあの親子をいつも思い出します。
もう3年くらい前のことなんですけど。
走っていく子に向かって叫びましょうとまでは言いませんが(笑)
横断歩道を渡るときなど手をつなぐ場面でぜひ 使ってあげてください。
Hold my hand.です。
次回も英語絵本を紹介予定。
If You Give a Mouse a Cookie (もしネズミにクッキーをあげたら)という本で、絵本という幼さはなく幼稚園児~低学年向けの本です。
See you (^^)/
ブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ



スポンサーリンク
広告336
広告336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
広告336